【新型ジムニー】スズキの黒と言えばブルーイッシュブラックパール!ツートンカラーの屋根やボンネットもこの色だった!!

カラー情報

新型ジムニーの人気色と言えば、ジャングルグリーンやミディアムグレー、シフォンアイボリーメタリックなどが人気です。

ブルーイッシュブラックパールは新型ジムニーだけではなく、スズキのほとんどの車種に設定があります。

初代から変わらず珍しい色が似合うジムニーですが、あまり見かけないからこそ、個性的な黒いジムニーを好む人もいるでしょう。

 

新型ジムニーではツートンカラーの設定もあり、ルーフやボンネットを黒くすることもできます。

オプションのツートンカラーの色も同じく、ブルーイッシュブラックパール。

そんな黒が気になるあなたに向けて、ブルーイッシュブラックパールを詳しく見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

ブルーイッシュブラックパールとは

 

黒をベースとして、青いパール顔料がほんの少しだけ入っています。

光が当たると青くキラキラ輝き、光が当たらなければ真っ黒に見えます。

ホンダの黒も近いような色ですね。

 

スズキの黒と言えばこの色ですから、見たことがないと言う人はまずいないでしょう。

黒い車は、しっかりとメンテナンスをしていれば綺麗な状態が保てますが、メンテナンスをしていなければすぐに傷だらけになってしまいます。

1度傷だらけになってしまえば、綺麗にするにもお金がかかりますから、それだけ愛着が無いと維持できない色です。

 

新型ジムニーのツートンカラーもブルーイッシュブラックパールですから、定期的にメンテナンスをしなければすぐに劣化してしまうでしょう。

 

スポンサーリンク

なぜブルーイッシュブラックパールは劣化しやすいのか?

 

以前、耐候性のお話をしましたが、黒は耐候性には強いですが温度が上がりやすい色です。
(耐候性について知らないよと言う人は、下記の記事を参考にしてください。)

色には「耐候性」というものがあり、黄色は赤に次ぐ耐候性の弱さです。
黄色をベースに耐候性の強さを見ていきましょう。

 

最も弱いのは黄色。次に弱いのは黄色に白を配合したアイボリー。

次にアイボリーに黒を配合したベージュとなっていくわけですが、黄色から離れていけば離れていくほど耐候性は強くなり、塗装の劣化も遅くなるということです。

耐候性が弱ければ紫外線によるダメージで塗装が劣化したり、酸性雨などの被害では、他の色よりも速く劣化してしまうでしょう。

【新型ジムニー】シフォンアイボリーメタリックは汚れが目立つ?効果的なお手入れ方法を紹介
新型ジムニーの中でも可愛らしい色をしたシフォンアイボリーメタリック。 ベージュよりも柔らかみや丸みがあり、女性にも人気の色ではないでしょうか。 実際に人気色であり、街中で見かけることの多いシフォンアイボリーメタリックですが、ベー...

 

塗装は消耗品ですから、時間とともに劣化していずれはどこかへ消えてしまいます。

古い車にありがちな、塗装がボロボロになっているのも、徐々に塗装が劣化して塗膜が薄くなってしまい、やがては艶の無い塗装になってしまうのです。

黒は他の色よりも高温になりやすいため、塗装へのダメージも大きくなります。

 

車内の温度も高くなりますから、長い目で見ると外装だけではなく、内装部品も熱によって劣化しやすい色と言えます。

新型ジムニーのツートンカラーの黒もブルーイッシュブラックパールです

 

  • キネティックイエロー
  • シフォンアイボリーメタリック
  • ブリスクブルーメタリック

 

この3種類のカラーには、ルーフやボンネットが黒く塗装されているオプションがあります。

ただの黒ではなくブルーイッシュブラックパールですから、列記としたスズキの純正色です。

 

スポンサーリンク

新型ジムニーはボンネットに乗った汚れが気になる

 

シフォンアイボリーメタリックの記事では、跳ね上げた黒い汚れが目立つと言いましたが、黒系の色は黒い汚れはほとんど目立ちません。

その代わり、黄砂や砂ボコリなどの黄色っぽい汚れが目立ちます。

ボンネットやルーフは落ちてきた汚れが流れることなくその場に留まり続けるため、ボディの中でも1番汚れやすいパネルです。

 

さらに新型ジムニーは、運転席に座ればボンネットが丸見えですから、走行中に汚れが気になることも多くなります。

綺麗に乗り続けるためには洗車の頻度も必然と増えてくるため、あまり洗車をしたくないという人は、ブルーイッシュブラックパールを選ばない方が良いかと思います。

黒は洗車傷も目立ちやすいですから、機械洗車ばかりしているとすぐに傷だらけになってしまいます。

 

反対に、洗車もワックスも全部自分でやります!

大切な車ですから!

という人なら、黒を綺麗に維持することがいかに難しいかと言うことも理解しているでしょう。

 

業者に洗車をお願いしても手洗いで洗車をするなど、ボディへのケアは欠かさないように心がけているのではないでしょうか。

仕事柄、車のボディを磨くことが多いですが、やはり黒が1番大変です。

綺麗になったときの喜びも大きいですが、洗車傷の多さに嫌になることもあります。

 

それでもブルーイッシュブラックパールは人気色の1つであり、長年愛され続けている色だからこそ、いつまでも使われ続けているのではないでしょうか。

コメント