新型ジムニーをファミリーカーとして使うならXC、またはシエラを選ぼう!

未分類
qimono / Pixabay

新型ジムニーのデザインに惚れ込み、どうしても欲しい。でも趣味の車として維持していくには金銭面に不安がある人もいるでしょう。

N-boxやスペーシアなどのトールワゴンタイプの軽自動車をファミリーカーにしている家庭も少なくありませんが、新型ジムニーが気になる。

 

新型ジムニーをファミリーカーとして選ぶ場合、トールワゴンと比較するとどのようなメリットデメリットがあるのでしょうか?

またタイトルにもあるように、なぜXCやシエラを選ぶべきなのかという点についても詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

ジムニーが新型になり、快適性が格段に良くなった

 

快適性とは、居住性や乗り心地、燃費、安全性能など。

ジムニーは代を重ねるごとに乗り心地は良くなってきていますが、新型のJB64,JB74ではさらに向上しています。

 

まずは安全性能。

ファミリーカーとして1番重要な項目ですね。

 

XCグレードにはセーフティサポートが標準装備されていますから、万が一の事態でも車が自動的に危険を察知して事故を未然に防いでくれます。

セーフティサポートの詳細は下記の記事で。

新型ジムニーのセーフティサポート42,120円はお得?それぞれの特徴を理解して、必要性を確かめよう
新型ジムニーのセーフティサポートは計7種類がセットになっています。 どれか好きなサポートを対象としているのではなく、セーフティサポートのオプションを付ければ全てのセーフティサポートに入らなければなりません。 42,120円が高い...

 

燃費はMTの方が良く、ATの方が悪いです。

郊外の道路をMTで走ればリッター17km前後。

ATなら13km〜15km程度です。

 

居住性も歴代ジムニーに比べて様々な部品が自動化されて便利になっています。

  • 鍵を掛ければ自動で閉じるミラー。
  • 押すだけでエンジンが掛かるプッシュスタート式。
  • 自動的に温度を調整してくれるオートエアコン。

 

ライトのつけ忘れ、消し忘れを防止するオートライトなどなど、書ききれないほどの快適装備ですから、ファミリーカーにとしてジムニーを選ぶならXCグレードで決まりでしょう。

新型ジムニーで1番人気のグレードはXC!価格や装備、売れ筋の秘密を徹底解説
新型ジムニーには3種類のグレードがありますが、この中で最も売れているのはXCグレードです。 XCだけにしか無い装備が取り付けられていたり、セーフティサポートが標準装備、選べるカラーが最も多いのが特徴です。 XCグレードを...
スポンサーリンク

シエラであればさらに快適に走れる

 

ジムニーとジムニーシエラの違いは、外観とエンジン周りのみです。

 

シエラは普通自動車規格ですが、残念ながら室内の広さは軽自動車のジムニーと同じ

しかしエンジンが大きいため高速走行でも安定したパワーがありますし、回転数も低くエンジン音も大きくありません

 

燃費もリッター1km〜2kmほど低下するだけで、そこまで大きな差は無いように思います。

 

スポンサーリンク

維持費はシエラの方が圧倒的に高い

 

ジムニーシエラの問題点はやはり維持費。

 

軽自動車のジムニーは10,800円。

車検費用は最低で35,270円。

 

シエラは34,500円。

車検費用は最低で54,240円。

 

毎年4月ころに届く自動車税で23,700円の差

2年に1度(初回は3年後)の車検で18,970円の差

 

2年分の自動車税と車検を合わせると、66,370円

 

税金面だけ見ても、2年で66,370円の差があることが分かります。

 

さらに燃費もシエラの方が悪いですし、エンジンが大きい分エンジンオイルの量も多いです。

もっと言えば任意保険も高くなりますので、年間5万円以上はシエラの方が高いと思って間違いないでしょう。

 

  • ジムニーは軽自動車だから遠出が厳しい。
  • シエラは普通自動車だから維持費が厳しい。

 

スポンサーリンク

遠出をするときはレンタカーを借りる選択肢もある

 

安いレンタカーはミニバンでも24時間15,000円以下です。

1泊2日の旅行では30,000円。

 

年に1度の家族旅行なら、レンタカーの方がお得ですね。

軽自動車のジムニーでもラダーフレームと呼ばれる頑丈な作りですから、キャンプやスキーなど大きな荷物を運ぶのは得意です。

ラダーフレームとは?)

 

ラダーフレームの車種はランクルやFJクルーザー、ハイラックスなどの大型SUVばかりですので、660ccの軽自動車でラダーフレームが採用されているのはジムニーだけです。

 

少し遠くに行くくらいなら軽自動車のジムニーで、泊まりがけの旅行はレンタカーと言う選択肢もありかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

ジムニーとシエラ、どちらがファミリーカー向けか?

 

子供がいる家庭でシエラはオススメできません。

室内の広さもジムニーと同じで、維持費が高く、快適に過ごせる空間ではないでしょう。

子供が一人ならそれほど狭さは感じませんが、二人いると厳しいかもしれませんね。

 

ジムニーとジムニーシエラ、どちらも4人乗りですから、子供が3人いれば選択肢からは外れてしまいます。

ジムニーをファミリーカーにするなら軽自動車のジムニーを選び、遠出をするときにはレンタカーを利用するというのが最善ではないでしょうか。

 

同じスズキでも快適性だけを見ればスペーシアやハスラーなどの方が格段に上です。

スズキではなくとも、ホンダのN-boxやダイハツのタントなどのように広々とした軽自動車はたくさんあります。

 

アウトドアが趣味で新型ジムニーシエラを選ぶなら、あえて中古のデリカD4あたりを狙ってみるのも良いかもしれませんね。

今はモデルチェンジしたばかりで旧型の価格も下がってきてますので、チェックしてみるのも良いと思います。

 

 

コメント