【JB64】新型ジムニーの新古車情報に騙されないで!販売店員すらキャンセルしている事実【JB74】

コラム

中古や新古車でもいいから、なるべく早くなるべく安く欲しいと言うのは、新車が出るたびに各方面で話題になることです。

ディーラーが、販売数水増しや販売ノルマ達成のために自社名義で購入をし、登録したあとに中古車として販売するのもよくあるやり方です。

しかし新型ジムニーは1年待ちと言われるほどの納期にも関わらず、新古車が出ると考える方がおかしいとは思いませんか?

 

スポンサーリンク

販売店員が予約した新型ジムニーもユーザーのもとへ

 

新車が出てすぐにその車に乗れると言うのは、ディーラーに勤めている人にとっては大きなメリットです。

新型ジムニーも例外ではありません。

JB23型が終了し、新型のJB64が発売されると発表されたとき、車メディアやヤフーニュースなどが大きく取り上げたことは記憶に新しいでしょう。

 

予約をすればすぐに乗れると思っていたのはユーザーだけではなく、ディーラー勤めの人も同じです。

しかしお客さま第一主義ではありますから、予約したジムニーをキャンセルしてユーザーの元へ新車として登録するようになったディーラーもあります。

展示用と試乗用だけを用意し、その他の予約した車は全てキャンセル。

 

このような状況で新古車が出てくるはずもありません。

新車も発表されたばかりですから、マイナーチェンジが行われて展示車が入れ替わるということもまず有り得ませんし、試乗車が無くなることもありません。

常識的に考えると、新古車が出回らないと言う答えに辿り着けるのではないでしょうか?

 

しかし実際には新古車の情報は日々更新され、新古車を目当てにカーセンサーなどの中古車情報サイトにアクセスする人は後を絶ちません。

なぜこのような事態になってしまうのでしょうか?

 

スポンサーリンク

問い合わせ目的で掲載する悪質な業者も

 

たしかに実際に新古車は手元にあったのかもしれません。

しかし人気の新型ジムニーですから、1日もせずに売れてしまうでしょう。

問い合わせ件数は数え切れないほどとなるでしょうから、実際に車が無くても問い合わせから新車の販売、または自社の中古車を販売できる可能性はゼロではありません。

 

載せていなければ問い合わせがなかったと考えれば、少しくらいは載せても良いだろうと考えてしまうのかもしれませんね。

もちろんこれはNGです。

実際には存在していない車を載せているのですから、ある種の詐欺として捉えられてもおかしくありません。

 

しかし全ての業者を取り締まることは、現実的には不可能に近いものがありますから、そういった業者が無くならないと言うのも大きな問題点でしょう。

 

スポンサーリンク

オフラインでもすぐに売れてしまう

 

大通りに面した中古車販売店であれば、新古車が目撃される回数そのものが多いです。

インターネットからのアクセスよりも圧倒的に多いですから、1時間に数千〜数万の人が新古車を目撃していることになります。

これだけの人に目撃されているのですから、すぐに売れないはずもありません。

 

さらには同業者の中にも、少し高くても良いから今すぐ欲しいという会社もあります。

例えば、ジムニー専門店や自社ブランドを確立してコンプリートカーなどを製作している業者が代表的です。

これらの業者は、新型ジムニーが手元に来るのが速ければ速いほど注目の的となりますから、それだけお客さんの集客も見込めるということになってきます。

 

一般ユーザーは、新車よりも高い新古車を買おうとする人はほとんどいませんから、新古車を持っている業者は高く買ってくれる同業者へ販売しようとするのです。

これではいつまで経っても一般ユーザーの手元に新古車が回ってくることはありません。

仕方のないことと言いますか、こればかりは避けては通れない道でしょう。

 

では新古車を手に入れる方法は無いのかと言う話になってきます。

 

スポンサーリンク

新型ジムニーの新古車を見つけるには、人脈と運だけ

 

抜け道を探そうと考えたって、そんなに甘くはありません。

みんなが欲しがる希少価値の高い物を手に入れるには、それなりに人脈がある人間かお金を払うかのどちらかです。

海外の有名アーティストを例にしてみましょう。

 

ポール・マッカートニーのアリーナ席は10万円です。

ローリング・ストーンズは8万円。

興味の無い人にとっては無価値ですから、なぜそんな物にお金を払うのかが理解できないでしょう。

 

それは新型ジムニーも同じ。

高くても良いから欲しい人もいれば、5年後の中古車で良いと言う人もいます。

さらには車など乗れれば良いと言う人もいるのですから、個人のこだわりが強ければ強いほど、市場での価値が高ければ高いほど手に入りにくく、価格は高くなってしまうのです。

 

ポール・マッカートニーの友達ならVIPルームへ招待され、自分だけの特等席に座れます。

ちょっとした知り合い程度ならチケットを無料で貰えるかもしれませんね。

人脈が無ければお金を使って手に入れるしかありません。

 

もしくは、運。

 

新古車の情報をゆっくりと比較できるようになった頃には、新型ジムニーの生産も落ち着いているでしょうから、その頃には話題には上がらないでしょう。

コメント