【JB64】京都ハイブリッジファーストから新型ジムニーのカスタムパーツが大量に発表!

カスタムパーツ

四駆やSUVで有名な京都ハイブリッジファーストから、新型ジムニー専用の様々なカスタムパーツが発表されました。

発売は12月頃を予定していますが、予約も受け付けていて、現在は予約が殺到しているとのこと。

要チェックです。

※公式サイト http://www.hb-1st.com/

下記が発表されたパーツの内訳

  • フロントバンパー
  • リアバンパー
  • スキッドプレート
  • ナンバー移設キット
  • スペアタイヤ移動ブラケット
  • 牽引フック
  • オーバーフェンダー(車検対応)
  • サイドシルガード

順番に見ていきましょう。

スポンサーリンク

フロントバンパー


https://ameblo.jp/hb-first/entry-12417644915.html

ついに来ました!

JB64のショートバンパー。

純正感を残したまま短くなったようなデザインで、リフトアップされた新型ジムニーには最高に似合いますね。

プレスラインの再現もしっかりしていますし、FRPとは思えないほど完成されたバンパーです。

フロントバンパータイプS価格

  • 28,000円

塗装費用

半艶消しブラック、ソリッド、メタリック

  • 14,000円

3コートパール

  • 16,000円
スポンサーリンク

リアバンパー

純正バンパーよりもスッキリした印象を受けます。

新型ジムニーの純正リアバンパーよりもテールランプ下が若干短くなっていますね。

JA型のリアバンパーのように直線的なデザインもGood。

リアバンパーを取り付けるには、ナンバープレートとスペアタイヤを移設が必要になってきます。

リアバンパータイプS価格

  • 33,000円

塗装費用

半艶消しブラック、ソリッド、メタリック

  • 14,000円

3コートパール

  • 16,000円
スポンサーリンク

スキッドプレート

ショートバンパーを取り付けるなら、スキッドプレートは外せません。

ステンレスだけではなく、黒に塗装されたスキッドプレートも用意されています。

計4種類ありますがオススメは軽量なアルミブラックとのことです。

アルミブラック(3mm厚 半艶消しブラック)

  • 18,000円

ステンレス (2mm厚 400番磨き)

  • 18,000円

アルミ (3mm厚)

  • 16,000円

スチールブラック(3mm厚 半艶消しブラック)

  • 16,000円
スポンサーリンク

前後バンパー、スキッドプレートの3点セット

前後バンパー、アルミorスチールブラックスキッドプレートセット

  • 75,000円

前後バンパー、アルミブラックorステンレススキッドプレートセット

  • 77,000円

塗装費用

半艶消しブラック、ソリッド、メタリック

  • 28,000円

3コートパール

  • 32,000円
スポンサーリンク

ナンバー移設キット(穴あけ加工不要)

ナンバー灯はプラスチックLED灯。

JB23のスペアタイヤ部分に取り付けるナンバー灯でも良く見られたタイプですね。

上側は両面テープで固定し、下側はドア内部からイモネジで固定します。

ネジはお好みで変えるのもアリです。

ハイブリッジファーストさんは、JB23でも同じようなタイプのナンバー灯を販売していましたが、両面テープでも一切のトラブルは無かったようです。

ドアバイザーも両面テープで固定されていますから、貼り付け面の処理をしっかりとして固定すれば問題はないでしょう。

ナンバー移設キット価格

  • 18,000円
スポンサーリンク

スペアタイヤ移設ブラケット

上下、前後に移動が可能。

純正タイヤはもちろん、7.00サイズまで取り付けられると言うことですので、スペアタイヤも大きなサイズを取り付けられますね。

スペアタイヤ移設ブラケット価格

  • 16,000円
スポンサーリンク

牽引フック

本体の厚さは9mm。

ファッション的な役割だけではなく、十分な実用強度もありますので、問題なく引っ張れます。

純正のフックをカットしても使用可能ですので、飛び出しが気になる人はカットしてしまえば、よりインパクトが強くなるでしょう。

※取付方法は、コピーされてしまう恐れがあるということですので、画像では見せられないようです。

フロント右牽引フック価格

  • 9,800円

フロント左牽引フック価格

  • 8,800円

リア牽引フック価格(リアブラケットとセットでの価格)

  • 8,800円
スポンサーリンク

9mmフェンダー(クライムマックス製)

車検対応で、クリップと両面テープで固定するタイプです。

JB23のオーバーフェンダーはクリップのみですから、旧型の純正に比べて、より安定感は増すでしょう。

9mmフェンダー価格

  • 30,000円

塗装費用

半艶消しブラック、ソリッド、メタリック

  • 18,000円

3コートパール

  • 21,000円
スポンサーリンク

サイドシルガード、フェンダーシルガード

オフロードタイプのジムニーではメジャーな存在のサイドシルガードです。

穴を開けてリベットで固定する必要があります。

取り外し可能としたければ、穴を開けて鉄板ビスで対応しましょう。

どちらの場合も穴明け加工が必要ですので、錆止めなどを塗っておくと穴が錆びずに長持ちします。

さらに、リベットを打ち込む際にゴム製のパッキンを挟めば水も入らず、内側への影響もありません。

フェンダーシルガードの取付方法に記載はありませんが、画像を見る限り、上側は両面テープ、下側は純正フェンダー取付ボルトの穴を利用しているのではないでしょうか。

フェンダーシルガード価格

スチール半艶消しブラック

  • 15,000円

ステンレス400番磨き

  • 15,000円

さらにサイドシル部分には、通常のサイドシルガードだけではなくさらに強化されたサイドシルガードも発表されました。

サイドシルガード強化タイプ価格

スチール半艶消しブラック

  • 28,000円

ステンレス400番磨き

  • 28,000円

コメント