【新型ジムニー】シルキーシルバーメタリック特徴は?汚れが目立たなくてもしっかりと洗車することが重要。

カラー情報

新型ジムニーのシルバーは、シルキーシルバーメタリックと言うカラーネームで、スズキのシルバーと言えばこの色です。

軽トラックのキャリィからワゴンRまで、特別仕様車でもない限りシルキーシルバーメタリックが採用されています。

【塗装屋さんが比較】新型ジムニー、全13種類のカラーで劣化しにくい色は?下取りや維持費を比較。
新型ジムニーが発表され、納車が1年待ちということも少なくありません。個性的な色が似合うジムニーですから、好みも別れる車です。しかしその色によって劣化するスピードは違ってくるのです。塗装が劣化してしまえばいずれは艶が無くなり、...

 

スポンサーリンク

シルキーシルバーメタリックの特徴

 

新型ジムニーでも軽トラックでも、スズキのシルバーはスイフトなどの一部車種を除いて、シルキーシルバーメタリックえお採用しています。

他メーカーのシルバーと比べて白っぽい特徴があり、若干ですが赤みもあります。

白っぽいシルバーはあまりギラギラしていないので落ち着いた印象を与えますし、塗装が劣化してもほとんど分からないほどです。

 

塗装の劣化があまり目立たないと言うことは、実はメリットでもありデメリットでもあります。

 

スポンサーリンク

シルキーシルバーメタリックのメリット

 

傷が目立たない、汚れが目立たない点は大きなメリットでしょう。

さらに、数十年間使われ続けている色ですから、補修塗料などの在庫が無くなることもありません。

ドアのエッジ部分などを当ててしまい、塗装が剥がれてしまった場合、修理してもらうほどではないけど錆びる前に補修しておきたいものです。

 

こうなった場合、通販やカー用品店などでタッチアップペンを購入して補修しますが、珍しい色であると在庫切れの可能性すらあります。

新型ジムニーで例えるなら、キネティックイエローが代表的でしょう。

ジャングルグリーンは人気色でありますが、人気である反面、ジムニー専用カラーのため生産と供給が追い付かないという事態にもなりかねません。

 

シルキーシルバーメタリックは、スズキのほとんどのシルバー色、さらには何十年の使われ続けている色ですから、在庫切れということはまずないでしょう。

 

スポンサーリンク

シルキーシルバーメタリックのデメリット

 

例えば、スズキのエブリィやアルト、ワゴンRなどを例に挙げてみましょう。

このあたりの車種は一般的な大衆車であり、無難な車としても人気です。

もちろんコアなファンもいますし、営業者としても使われ続けています。

 

これらの車の色がシルバーであれば、車も色も全て無難な色になるでしょう。

中古車としては人気でもなくかと言って不人気でもないため、買い取り価格には大きな影響はありません。

しかし新型ジムニーは珍しい色が人気ですから、買い取りのことを考えるとシルバーは不利になる可能性が大きいです。

 

現にJB23のシルバーは不人気で、仕事柄JB23の色変え全塗装をすることも多いですが、ベースとなる車のほとんどはシルバーです。

買い取りが安ければ市場に出回る価格も安くなりますから、業者も安く買えてしまうのです。

今の新型ジムニーが5年10年経過し、マイナーチェンジを繰り返して2型3型となったころ、カスタムベースとして中古車を購入するのであれば、シルキーシルバーメタリック、またはスぺリアホワイトがオススメです。

 

スポンサーリンク

汚れが目立たないからと言っても、洗車は欠かさずに

 

傷も汚れも目立たないシルバーですが、ボディが汚れたまま長年放置するのはよろしくありません。

誰でも洗車は面倒ですし、出来れば何もせずに綺麗な状態を維持したいですがそれも難しい。

シルバーは汚れが目立たないため洗車を先延ばしにしがちですが、シルバーは塗装が劣化すると白っぽく変色してしまいます。

 

定期的に洗車をして表面の汚れを取るだけでも、数年経っても綺麗な塗装を維持できます。

コーティングをするのがベストですが、シルバーは傷が目立たないため撥水の機械洗車だけでも長く艶を維持できるでしょう。

 

自分でコーティングなどをする場合、ジムニーのグリルやバンパー、シエラではオーバーフェンダー部分の艶が無いため、固形ワックスでは白く残ってしまいます。

洗車機の撥水や、スプレーワックスであればムラにもならずに艶消し部分の保護もできるでしょう。

使用するコーティング剤の注意書きをよく読み、艶消しに対応しているかどうかをしっかりと確認しておく必要があります。

【塗装屋さんが比較】新型ジムニー、全13種類のカラーで劣化しにくい色は?下取りや維持費を比較。
新型ジムニーが発表され、納車が1年待ちということも少なくありません。個性的な色が似合うジムニーですから、好みも別れる車です。しかしその色によって劣化するスピードは違ってくるのです。塗装が劣化してしまえばいずれは艶が無くなり、...

コメント