【艶消しお手入れ】新型ジムニーのグリルやバンパー、オーバーフェンダーなどの未塗装樹脂のメンテナンス方法

メンテナンス

新型ジムニーのグリルやバンパーは未塗装で、シエラにいたってはオーバーフェンダーまでもが未塗装のままです。

ボディ同色に塗装されていない新型ジムニーも味ではありますが、ボディと同じようにお手入れすると白く変色してしまうことがあります。

新車で納車され、愛情たっぷりのジムニーを長く綺麗に乗り続けるため、なるべく高価なワックスを使いたいという人もいるでしょう。

 

うっかり間違ったメンテナンスをして取り返しが付かなくなる前に、正しいメンテナンス方法を学んでおきましょう。

 

スポンサーリンク

未塗装樹脂に固形ワックスを使うには細心の注意を

 

未塗装樹脂の表面はザラザラしたような触り心地で、ボディのようにツルッとはしていません。

素地そのままですから、デコボコした素材です。

固形のワックスは塗り込みと拭き上げのスピードが重要で、吹き上げるのが遅ければボディでも固まって取れなくなってしまいます。

 

ツルッとしたボディでも取れなくなるのですから、デコボコの凹部分に固形ワックスが入り込み固まると、ウエスなどでは拭き取れなくなくなってしまうでしょう。

爪などでカリカリすると傷にもなりかねませんし、強くゴシゴシするとそこだけがツヤツヤになってしまいます。

 

スポンサーリンク

固形ワックスを使う場合は目立たない箇所で実験をしてから

 

自家塗装などでもやりがちなのですが、いきなり目立つ箇所から作業を始めるのはNGです。

必ず目立たない部分でテストをして、仕上がりが良ければそのまま続きを行い、もしも仕上がりが悪ければ違う方法を考えてみます。

何度か繰り返すうちに1番綺麗になる方法がすぐに見付かりますから、必ずテストを行いましょう。

 

例えば、リアゲートを開け、根本のヒンジ側のバンパーで実験してみる方法も。

いきなりグリルやバンパーでワックスを塗り始め、失敗したまま乗り続けると、自分だけではなく周りの目も気になってしまいます。

しかしドアの内側なら失敗しても他人には気付かれませんし、自分だけが嫌な気持ちになるだけで、まだなんとか妥協できるラインではないでしょうか。

 

テストをして上手くいっても、本番で失敗してしまった経験は誰にでもあります。

もし白く残ってしまった場合にはどうするべきか。

 

スポンサーリンク

灯油やシリコンオフはオススメしない

 

グーグルなどで検索をして、白く残ってしまったワックスの取り除き方を調べると灯油やシリコンオフを使えば綺麗になると書いてあります。

しかしこれはボディのように綺麗に塗装された面に対しての方法ですから、未塗装樹脂や艶消し部分に使うのは好ましくないです。

これらは有機溶剤ですから、樹脂を溶かしてしまう性質もありますし、一瞬の使用でも白っぽく変色する恐れがあります。

 

未塗装樹脂を塗装する場合の脱脂方法としてシリコンオフを使いますが、あくまでもこれは塗装を前提とした使い方ですから、ワックスの拭き上げとしてはオススメしません。

 

スポンサーリンク

ワックス固着除去のベストな選択は、同じワックスかスプレーワックス

 

ワックスには油分が含まれていますから、固着したワックスの上へ重ね塗りすることで固まったワックスが柔らかくなります。

柔らかくなった瞬間に拭き上げ、それでも取り切れなければもう一度。

これを何度も繰り返していくうちに綺麗になるでしょう。

 

しかし何度もやるのはめんどくさい。

もしかしたらまた固着することだってあり得ます。

じゃあスプレーワックスを使いましょうという話ですが、どんなスプレーワックスでも良いです。

 

注意書きに「艶消し部分使用不可」や「無塗装樹脂使用不可」などの記載がなければ使用可能です。

固まったワックスへスプレーワックスを吹き付け、ウエスで拭き取る。

何度も繰り返していけばすぐに綺麗になります。

 

ボディ部分は固形ワックス、未塗装部分はスプレーワックスと使い分ける

もちろん全てのパネルにスプレーワックスを使っても良いですし、固形ワックスでも良いです。

しかし未塗装樹脂はザラザラしていてワックス掛けが難しいので、上の2つを使い分けると効率的に作業が進みます。

 

ボディへ固形ワックスを使うなら、未塗装部分うっかり白くならないように、境目にマスキングテープなどで養生しておくのも有効な方法です。

コメント