新型ジムニー専用のHDMI&USBソケットが純正品よりも便利すぎる!

カスタムパーツ

新型ジムニーのオプションでUSBソケットを後付けすることは出来ますが、残念ながらHDMIのオプションは存在していません。

ナビにスマホやDVDプレーヤーなどの映像を映し出すにはHDMI接続が最適ですから、ここはぜひともHDMIで楽しみたいものです。

 

 

 

スポンサーリンク

USBとHDMIは何が違うの?

 

USBは電源として使えるものと考えてください。

家庭用のコンセントみたいなものです。

 

スマホやタブレット、ドラレコやレーダーなどは電源さえ繋げば充電しながら使い続けられますよね。

パソコンでも同じようにマウスやキーボード、プリンターなどがUSB接続の代表的な例です。

 

一方でHDMIは、電源ではなく映像や音声を伝える規格です。

ビデオデッキが主流だったころの配線と言えば、赤と白と黄色の配線を繋いで映像と音声をテレビに映し出していましたよね。

テレビの裏側がぐちゃぐちゃになっていた、あの配線達です。

 

3本のケーブルが1本になって、その信号をデジタルで送信しているのがHDMIです。

スマホをHDMIに繋げば、スマホの画面に映し出されている映像がケーブルを通してナビなどに表示され

 

スポンサーリンク

純正と同じサイズでUSBとHDMI二つ同時に使える

 

純正のオプションはセンターコンソール下にUSBソケットが1つだけ取り付けられます。

1つだけでは足りなくて増設を考えている人もいるのではないでしょうか。

 

純正品のような形にこだわらないのであれば、USBハブを使って大量のUSBポートを増設できますが、HDMIはそうはいきません。

例えばUSBポートからUSBハブでUSBを増設し、もう一方のHDMIでは音声と映像を楽しむという使い方もあります。

 

スポンサーリンク

HDMIはナビの表示には最適

 

 

車のナビって案外使いにくいんですよね。

もうちょっと先の道を知りたいと思って画面を触りながら動かしても、その動きが鈍い。

スマホなら拡大と縮小、移動や目的地入力が瞬時に出来ますが、ナビだと遅いんですよ。

 

たぶんこの辺の利便性については、ほとんどの人が賛同しているのではないでしょうか?

じゃあスマホの画面をモニターに映し出して見ちゃえば良いね。って言うのが、HDMIの最大の利点です。

 

特に活躍できるのが、複数乗車で経路が曖昧なとき。

渋滞を避けるために違う道を探したり、寄り道する時に操作してくれるとありがたいですよね。

 

スポンサーリンク

HDMIはお店探しにも便利

 

みんなで1つの画面を見られるのですから、わざわざスマホを渡さなくても検索画面から結果まで、全てを共有できます。

ラーメン屋さんを検索して、ラーメンの画像がたくさん流れてくる。

その中から美味しそうなラーメン屋さんを見つけながら会話もできちゃいます。

 

コンビニでもガソリンスタンドでもなんでも見付かります。

これが純正ナビなら、どれだけ時間がかかるでしょうか。

 

それに

・「次の信号左!」

・「これ!?この信号!?」

・「違う次!」

・「ごめん!さっきのところだった!」

と言うような、誰しもが経験したことのあるやりとりも防げます。

 

DVDを楽しむのも良し。

スマホだけではなく、DVDプレーヤーとナビをHDMIで繋いで画面に映し出せるものもあります。

 

DVDプレーヤー本体だけで楽しんでも良いですが、やはり音質は最低レベルなんですよね。

アンパンマンやトーマスといった子供向けのアニメでも、音質が悪くて得することは何もありませんから、車のオーディオで楽しむ方が良いのではないでしょうか。

アーティストのMVや映画でも同じように、DVDプレーヤーに接続して車のナビと同じように鑑賞できます。

 

HDMIは映像と音声を通信するものですから、映像と音声が流れる電子機器全てを接続できるものと考えてください。

極端な話、パソコンとナビをHDMIで繋げは、パソコンの画面がナビに映し出されますから、車の中でプレゼンや打ち合わせも出来てしまいます。

どんどん便利になっていく世の中でまだまだ知らないことも多いですが、HDMIのような革新的な発明は、すぐに生活に取り入れていきたいものですね。

 

コメント