新型ジムニーのヘッドライトユニット取り外し方法

パーツ脱着

ヘッドライトの球切れによるバルブ交換は、ヘッドライトを取り外さなくても行うことは可能です。

もし球切れによってバルブを交換したいのであれば下記の記事を参考にしてください。

新型ジムニーの電球交換で迷ったらここ。JB64,JB74灯火類の適合サイズと交換方法まとめ。
新型ジムニーの電球規格や交換方法はここを見ておけば大丈夫です。 もし電球類が切れてしまったときのために、新型ジムニーので使われているバルブ類を一覧にしてまとめました。 各見出しにパーツと電球の種類が書いてありますので、お...

ほとんどの場合、社外品のヘッドライトに交換する場合などで取り外すと思います。

記事内で使われている画像はMKJPより引用しています。

スポンサーリンク

まずはフロントグリルを外す

ヘッドライトユニットの取り外しには、フロントグリルを取り外してから作業しなければなりません。

フロントグリルの外し方については下記の記事が参考になります。

3分以内に外せる、新型ジムニーのフロントグリル取り外し方法
新型ジムニーはフロントグリルを外さなければ出来ない作業が多いです。 フロントバンパー脱着 ヘッドライト脱着 ホーン取り付け ホーンを取り付ける位置によってはフロントグリルを外さなくても取り付けられますが、...

電球交換ではフロントグリルも外さずに交換できますので、わざわざ外してしまわないようにしましょう。

 

スポンサーリンク

ヘッドライト裏のカプラーを外す

解説していく画像は右側だけになりますが、左側でも同じように進めていけば外せます。

このカプラーを親指で握り、手前に引っ張ればカポッと抜けます。

 

スポンサーリンク

ヘッドライト正面のボルトを外す

10mmのソケット、またはプラスドライバーを使ってボルトを3つ外します。

 

ボルトを外して手前に引っ張ると外れます。

 

スポンサーリンク

ヘッドライトを手前に引き出し、裏のカプラーと固定具を外す

先ほどの手前に引っ張った状態では配線が固定されていて取り外すことはできません。

赤丸の固定具と青丸のカプラーを引き抜けばヘッドライトはフリーの状態になりますので、あとは外すだけです

 

スポンサーリンク

取り外し完了

簡単ですね。

 

ちなみに、ヘッドライトバルブをハロゲンからLEDに交換するのは止めておいた方が無難です。

雪が溶けなくなり前が見えなくなりますので。

新型ジムニー、LEDヘッドライトの注意点。ウォッシャー液の濃度を間違えると雪でヘッドライトが凍り付く!
新型ジムニーのXCグレードに採用されているLEDライトとヘッドライトウォッシャー。 LEDは発熱温度が低くヘッドライトの雪を溶かすことが出来ませんから、ヘッドライトウォッシャーを使って雪を取り除かなければなりません。 ウ...

 

今回紹介した画像は、JB64メンテナンスDVDから引用したものです。

 

 

コメント