【ジャングルグリーン】新型ジムニーの人気色はこれ!緑色お手入れ方法やメリットデメリット、維持費まで解説。

カラー情報

新型ジムニーの中でもとりわけ人気のあるジャングルグリーン。

すれ違う新型ジムニーでも、よく見かけるのはジャングルグリーンと言えるほど、売れ行きは好調のようです。

発売からしばらく経っても未だに納車待ちという人も少なくありません。

 

そんな人気のジャングルグリーン。

他のレビューとは一味違った視点から切り込む、緑色特有のお手入れ方法やメリットデメリットをご覧ください。

 

スポンサーリンク

ジャングルグリーンの特徴

 

ジャングルグリーンの塗装は、ソリッドコートと呼ばれる塗装です。

ソリッドはパールやメタリックなどが入っていないため、キラキラしているのではなく、落ち着いた色やチープ感、レトロ感を感じさせる特徴があります。

先々代、2代目ジムニーにも緑色がありましたが、2代目ジムニーの緑にはパールが入っていましたから、光に当たるとキラキラとして見えていたでしょう。

 

新型ジムニーのジャングルグリーンはソリッドコートですから、2代目ジムニーよりもさらにシックな色あいを感じられるのではないでしょうか。

紅葉の季節には周辺の景色とマッチするため、写真映えすることも間違いありません。

 

スポンサーリンク

ジャングルグリーンのメリット

 

メリットはなんと言っても、他に似たような色が無いことです。

純正で緑を採用している車種もすくないですし、ここまで深い緑の車はそう簡単に見掛けることもないでしょう。

もちろん見た目だけでなく、隠れたメリットも存在しています。

塗装代金や修理代金が抑えられる

 

ミディアムグレーの記事でも同じことを取り上げていますが、ミディアムグレー、ジャングルグリーン、どちらもソリッドコートです。

新車を買うのに直すお金なんて考えないと言う人も多いですが、長い目で見ると必ず発生する費用です。

保険を使う大きな事故であれば全て保険で支払われますが、自分で少しぶつけて修理してもらうとなると、保険を使うのは気が引けます。

 

数万円の支払いなら、保険料の値上がりを考えて実費で修理するという流れが一般的ですから、車の維持には塗装費用も大切な維持費なのです。

ミディアムグレーはソリッドカラーですから、塗装色の中では1番安く維持できます。

塗料にメタリックやパールが含まれていると、塗料代や塗装工賃などが上がってしまうので、ソリッドカラーに比べて少し高くなってしまいます。
(※およそ1.4倍ほど)

例えば、バンパーの角をぶつけて修理をしたとしましょう。

バンパー1本の塗装費用は3万円が相場です。

相場はメタリックなどの1.4倍を基準としていて、ソリッドカラーの場合は3万円から若干の割引があります。

30000÷1.4=21428
ですから、21,500円ほどでバンパー1本塗装出来る計算です。

バンパーだけではなく、他の箇所にも傷があれば修理しなければなりません。

安く済めばそれだけで支出も減り、維持費も安くなっていくわけです。

保険代金も抑えられる

塗装費用が高ければそれだけ保険料も高くなります。

新しい車である以上、万が一のことにも備えて車両保険にも入るでしょうから、車両保険の価格も抑えられるでしょう。

【ミディアムグレー】新型ジムニーの色を徹底検証!特徴やお手入れ方法とメリットデメリット
新型ジムニーの中でも人気のミディアムグレー。 納車待ちと言う人も多いのではないでしょうか? すでに納車されて毎日のジムニー生活が楽しくてワクワクするのも仕方ありません。 さて、ミディアムグレーは他の色とは違い、様々...

 

このように、ミディアムグレーとジャングルグリーンでは全く違う色のようにも見えますが、塗装方法は全く同じです。

ただ色味が違うというだけで、塗装費用などは抑えられるため、大きなメリットとなっています。

 

中古部品の流通が多い

 

ジャングルグリーンは人気色ですから、それだけ走っている車も多いです。

車が多ければそれだけ車体や部品が多いと言うことですから、事故に合ってしまう絶対数も多くなります。

必然と廃車の台数も増え、買い替えの台数も増えてきます。

 

車が廃車となれば部品を再利用するだけの車として市場に流通しますから、格安で部品を手に入れる確率も高くなるでしょう。

走行距離の短い部品は新品同様ですから、わざわざ値段の高い新品部品を使う必要も無くなります。

例えばあなたが車をぶつけてしまったとしましょう。

 

先ほどの塗装費用と若干重複しますが、現金の修理でドアを交換するとなれば、10万円前後の修理代となります。

もしもこれが同じ色、綺麗な中古品のドアが見付かればどうでしょう?

ただ取り付けるだけで綺麗に復活するのですから、中古部品を使わない手はありません。

 

このような点からも、多く売れている、走っている車はそれだけで部品の価値が高くなると言うことです。

 

スポンサーリンク

ジャングルグリーンのデメリット

 

塗装や修理に関して、ほとんどデメリットは無いと言えます。

塗装もソリッドコートですから修理費用も安いですし、外装部品の流通も多い。

あえてデメリットを探してみるなら、人気色だからよく見かけるというところでしょうか。

 

人によっては誰かと違う車に乗りたいという場合もありますから、珍しい色を好む人もいます。

ジャングルグリーンは珍しい色ではありますが、ジムニーらしさが全面に出ているため、ジムニーに似合う色です。

必然と人気も出るため、街中で見かけることも多くなってしまうでしょう。

 

ジムニーはカスタムパーツも多いですから、同じ色でも様々なアクセント部品を装着することができます。

これからどんどん新しいメーカーが参入してくると思われるので、欠かさずチェックしてみると良いでしょう。

【塗装屋さんが比較】新型ジムニー、全13種類のカラーで劣化しにくい色は?下取りや維持費を比較。
新型ジムニーが発表され、納車が1年待ちということも少なくありません。個性的な色が似合うジムニーですから、好みも別れる車です。しかしその色によって劣化するスピードは違ってくるのです。塗装が劣化してしまえばいずれは艶が無くなり、...

コメント