新型ジムニーJB64,JB74のドアスピーカー脱着、交換方法

パーツ脱着

ドアスピーカーを交換するには、まずドアの内張りを外さなくてはなりません。

下記の記事を参考にしてドアの内張りを外していきましょう。

新型ジムニー、JB64,JB74のフロントドア内張りの外し方。
内張りの外し方は、JB64,JB74ともに同じように外せます。 基本、どのような車でも外し方や固定方法は同じですので、違う車種で内張りを外したことがあるなら、ジムニーの内張りを外す作業は難しいことではありません。 ドアミラー...

内張り脱着の記事にはスピーカー脱着の記事(当記事)へのリンクもありますので、まずは内張り脱着記事を参考にしましょう。

 

スポンサーリンク

スピーカー周りのスクリューを3本外す

 

内張りを外すと、画像のようにスピーカーが現れてきます。

 

右下のスピーカー、赤マル部分はプラスのスクリューで固定されていますので、プラスドライバーを使って外していきましょう。

 

スポンサーリンク

スクリューを外してスピーカーを手前に引き出す

3本のネジを外し、スピーカーをグリグリと手前に引き出すと、画像のように外れます。

場合によってはドアとスピーカーが強く密着している場合がありますので、無理に引き剥がそうとせずに少しずつグリグリ外していきましょう。

 

無理に剥がすとスポンジやパッキンがドアに張り付いたままスピーカーが外れ、ネジを締めても隙間ができてしまうこともあります。

ゆっくりと外していけばスポンジが破れることはありませんので、なるべく手探りのような感じで進めていってください。

 

もし心配であれば、張り付いていそうな箇所をヘラなどで少しずつ剥がしていくとより安心です。

スポンサーリンク

コネクターを外す

夏なら簡単に外れますが、寒い季節は樹脂が硬くなっているためなかなか外れません。

こちらも無理に外そうとするとコネクタを固定している樹脂が割れてしまうため、ゆっくりと外すようにしましょう。

 

指で強く握ってもなかなか外れないため、隙間にマイナスドライバーを挟んで外すのは止めた方が良いかもしれません。

固定箇所が割れてしまうと配線丸ごと交換しなければならないため、多少外れにくくてもなんとか頑張って外していった方が確実です。

 

社外スピーカーを検討中の方は、純正オプションとほぼ同等品で、なおかつ半値ほどで買える下記のスピーカーがオススメです。

新型ジムニーのスピーカー選び。13cmのままならオプションではなく社外品のパイオニアスピーカーが安くてオススメ
新型ジムニーの純正オプションでスピーカーを追加すると、9,000円近い費用が発生します。 しかし同等品をネットで購入すれば、送料も入れて5,000円ほどで手に入れることができます。 オーディオやスピーカーなど、DIYで交換できる...

 

コメント