新型ジムニー、JB64,JB74のリヤゲート内張りの取り外し、脱着方法。

パーツ脱着

新型ジムニーのリヤゲート取り外しは、パネルの中で最も簡単と言っても良いくらいすぐに外れま

す。

外側から見えるクリップが無いため、手前に引くだけで外れますが、隙間がないので内張り剥がしな

どの工具があると安心です。

 

 

スポンサーリンク

隙間に内張り剥がしを差し込み、1つ目の固定クリップを外す

画像では右下から外していますが、どこから外しても良いです。

 

内張り剥がしを差し込み、テコの原理で内張りを浮かせるとバコッと音がして外れます。

 

こういった作業がはじめての人は、内張りが壊れてしまうのではないかと不安になるかもしれませ

ん。

しっかりと固定部分を手前に引けば壊れることはありませんので、「効いているポイント」を的確に

捉えて外しましょう。

 

マイナスドライバーでも作業ができないことはないですが、隙間に工具を差し込んで行くときにドラ

イバーの先端がボディに当たって塗装が剥がれ、錆につながる危険性もあります。

内張り剥がしは樹脂で出来ていますから、傷になっても塗装が剥がれるほど深い傷になることはあり

ませんので、鉄製の工具ではなく樹脂製の工具を使いましょう。

 

スポンサーリンク

1つ外れるとあとは手で外れる

内張り裏側の固定クリップが1つ外れると、隙間に指を入れることができます。

指を入れながら少しずつ横へ移動していくと、また「効いているポイント」を感じられると思います

ので、勢いよく手前に引きましょう。

 

コツはじんわりと力を入れるのではなく、瞬間的にグイッと引っ張ることです。

 

勢い余って周りの固定クリップが一気に外れることもありますが、これが理想的な外し方です。

勢いよく手前に引きましょう。

 

スポンサーリンク

残ったクリップを外す

内張りの裏やドア側の固定箇所を見てみましょう。

内張りにクリップが無い箇所があったり、ドアにクリップが残ったままになっていることがありま

す。

 

ドアに残ったクリップを外し、内張りに装着しておかないと再度内張りを戻す時にしっかりと固定で

きません。

このタイプのクリップを外すために理想的な工具は「クリップ外し」ですが、先端が二股になってい

る工具であれば代用はできます。

マイナスドライバーを差し込んで左右にひねるとクリップは外れますが、この方法もボディに傷が付

いたりクリップが破損してしまう可能性は高いです。

クリップは高いものではありませんし、製造から時間が経つと樹脂は硬くなって破損しやすくなりま

す。

 

 

予備としてクリップを持っておくのもよし、クリップ外しで安全に外すもよし。

状況に応じて使い分けていきましょう。

 

これで内張りは外れました。

戻すときには内張りにクリップが取り付けられている(ドアにクリップが残っていない)ことを確認

して、元に戻せば修了です。

 

コメント