新型ジムニーの中で長持ちするグレードはどれ?長く乗るならシンプルなXGを選ぼう

コラム
PublicDomainPictures / Pixabay

新型ジムニーのグレードには、XC,XL,XGの3つが用意されています。

シエラでは2種類ですが、考え方としては全く同じですから、既にシエラに乗っていたり購入を検討している人でも同じように解釈できるでしょう。

 

どのグレードを買うか迷っている人や、グレード別に比較をしてみたい、長く乗り続けたいという人にとっては参考になる情報かと思います。

 

スポンサーリンク

車は部品点数が少なければ少ないほど、壊れる確率が低い

 

新型ジムニーはXGがベースとなっていて、ベースグレードにプラスして装備が取り付けられ、XL,XCとグレードが上がっていきます。

XGには無い装備がXCには標準で取り付けられているため、XCでは単純に部品点数が多くなります。

 

例えば、セーフティサポートの無いグレードやセーフティサポートのオプションを選択しなかった場合、元々無いセーフティサポートが故障することはあり得ませんから、当然ですが故障する可能性があるのはセーフティサポート付きの車両だけです。

 

セーフティサポート以外の部品や装備も同じように、取り付けられていない装備が故障することはありませんから、装備が多ければ多いほど壊れる部品が増えるということになってしまうため、故障の確率は高くなってしまいます。

 

スポンサーリンク

リモコンキーの電池が無くなるだけでエンジンが掛からなくなる

 

特に電子部品に関してはやっかいで、XGはアナログの鍵でエンジンを掛けますが、XLとXCはリモコンキーです。

実はリモコンキーはリモコンの電池が無くなるだけでエンジンが掛からなくなってしまいます。

 

運転席から離れた位置にリモコンキーが置いてあると、電池が消耗したリモコンキーでは反応が鈍くなります。

さらに消耗が進めば、プッシュスタートボタンとリモコンキーをかなり近付けなければ反応しなくなります。

 

この段階で電池が消耗していると判断できたり、お店へ相談に行くなどの処置ができれば良いのですが、そのまま使い続けていると突然エンジンが掛けられなくなります。

 

ただしその前に鍵が開けられなくなりますが。

 

リモコンキーには万が一のために内部にアナログの鍵が入っていますが、この鍵を使って鍵を開けられたとしても電池が無いためエンジンは掛かりません。

バッテリー上がりと疑ってロードサービスを読んでも、当然ながらエンジンは掛からず、レッカーされてしまうかもしれませんね。

 

電子部品は便利な面も多いですが、故障すると一切反応しなくなるので慣れていない人は注意しておきましょう。

 

スポンサーリンク

15年、20年と長く乗り続けるなら、低グレードの方が維持費は安くなる

 

新車で購入し、5年や7年程度乗るだけならどのグレードでも維持費は変わりません。

すぐに壊れてしまうような部品はリコール対象となり、対策済みの部品へと交換されます。

 

しかし15年や20年もの長い間乗り続ければ必ずどこかが壊れます。

1年で10,000kmとしても15年では150,000kmですから、壊れないはずはありませんよね。

 

部品が壊れなければ整備費用が安くなり、結果として維持費も安くなります。

部品点数が多ければ多いほど壊れる確率は上がりますから、何十年も乗り続けるのならシンプルなXGを選ぶと良いでしょう。

 

スポンサーリンク

【余談】電子制御による複雑化の流れ

 

ジムニーは新しくなる度に電子部品が増えて複雑化してきましたが、安全性や利便性は格段に向上しています。

 

旧型のJB23では、5型からはトランスファーが電子スイッチに切り替わり、簡単に操作できる反面、故障すると少し面倒でした。

4型までは新型ジムニーと同じようにシフトレバーの近くにトランスファーレバーがあるタイプだったため、電子制御のトランスファーより整備性は良かった印象があります。

 

それ以前のJA22やJA12ではエンジンルームを開けると地面が見えるほどスカスカでしたし、JA11ではシンプルなリーフスプリングでした。

さらにSJ30ではエンジンが2stでしたから、軽量なうえに丈夫でシンプルな作りで、DIYでも整備できるほど簡単な作りです。

 

SJ30は30年以上前の車ですが、今でもたくさんのSJ30が現役で走っていますし、おそらくこの時代の車の中では最も多く走っている車種ではないでしょうか?

 

走るために必要最低限のシンプルな作りだからこそ、部品も交換しやすく壊れる部品自体が無い。

長い目で見ると新型ジムニーでも同じように、部品が少なければ少ないほど壊れる確率は低いです。

 

たまたま生産終了になった部品がXCだけに使われている物だとしたら、XC以外のグレードでは修理が出来たということになってしまいますから。

 

ただし、決してXGだけををオススメしているわけではありません。

 

1つの選択肢として、1つの知識として頭の片隅にでも置いて欲しいと言うだけのものです。

 

好きなグレードを選び、乗りたい車に乗りましょう。

 

コメント